So-net無料ブログ作成
検索選択
Shop紹介 ブログトップ

志都呂ジャスコの巨大ソーラーパネル [Shop紹介]

写真:志都呂ジャスコの巨大ソーラーパネルの画像
志都呂ジャスコの巨大ソーラーパネル

見て! このパネルの大きさ!

これは、志都呂ジャスコ巨大ソーラーパネル太陽光発電システム)です。
活用し始めたのは、今年の3月か4月らしいです。

イオンが取り組んでいるCO2二酸化炭素)削減のひとつの目的だといいます。
晴れたひには、どのくらいの発電能力があるのか知りたいですね(今度訪れた時たずねてみよう!)。

写真:イオンモール志都呂の巨大太陽光発電システムの画像

たぶん、この巨大ソーラーパネルを設置するのには資金もかかったことでしょう。
けれど企業の姿勢を表す手段のひとつとしたら、効果は絶大なものだとわたしは感じます。


写真:巨大ソーラーパネルを設置した志都呂AEONの画像横から見た巨大ソーラーパネル


サントリーブルーローズ アプローズ








nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

巌邑堂(がんゆうどう)の栗蒸し羊羹 [Shop紹介]

写真:もみじの絵の皿にのった2切れの栗蒸し羊羹の画像
紅葉の絵の皿にのった二切れの栗蒸羊羹

巌邑堂と書いてがんゆうどうと読みます。

浜松市では有名な老舗の和菓子屋さんです。
けれど、わたしは今度初めて巌邑堂お菓子をいただきました。

いただきましたのは、栗蒸し羊羹です。
毎年、秋が訪れるといただいておりましたのが、こぎく新栗蒸し羊羹でした。
たまには違ったお店のお菓子もいただこうと今年は、巌邑堂の栗蒸し羊羹をいただきました。

写真:包装された巌邑堂の栗蒸し羊羹の画像
美しい包装紙に包まれた巌邑堂の栗蒸し羊羹

その包装紙は美しく、極々薄い紫色にシルバー色が掛けられたものです(もしかしたら銀色だけかも)。
パッケージにも、こだわりがあるのですね、美しいです。

写真:巌邑堂の栗蒸し羊羹のフィルムを開けたところの画像
巌邑堂の栗蒸し羊羹のフィルムを開けた所

パッケージを開けるのももどかしく、銀色の紙そしてフィルムを開けました。
中からは短冊切りにされた栗蒸し羊羹が表れました。
こぎく新栗蒸し羊羹よりは、幾分幅が狭いかなと思いました。

母が切り分けてくれました。
初めて食した巌邑堂栗蒸し羊羹のお味は?!

美味しかったです!
羊羹の生地は、蒸し羊羹らしくあっさりとしてとても好みの甘さです。くどくはありません。
栗はどうでしょうか?
中に入っている栗も大変おいしいのです。
ホックリして、しかも味もある。
今まで、食べた栗羊羹の中で一番美味しい栗です。
ファンになりました。

巌邑堂こぎく
選べと言われても迷ってしまいます。悩みがまたひとつ増えました。
おいしいお菓子屋さんが浜松にはいっぱいあってとてもうれしい!

写真:巌邑堂の玄関前の画像巌邑堂の玄関前



★ 巌邑堂
★ 和菓子屋 五代目日記





nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぬくもりの森 [Shop紹介]

写真:ぬくもりの森の家の画像その1
ぬくもりの森の家

「ここは西洋の森奥深くにあるお家?」
「いいえ違います。ここは浜松市にあるお店の一部分です。」

一般道から入り曲がりくねった道に出会うと、そこはもう迷い込んだおとぎの世界のようです。
まるで、ここだけが今の時代からフッとワープをしてしまったのかのようです。


写真:手前がフレンチレストランの画像 写真:ギャラリー・ハウスの画像
左:手前 レストラン ドゥソール   右:ギャラリー創良

お昼のご飯は食べた後に訪れたので、レストランには寄らずに建物を見ました。
屋根は波打って、家本体もダンスをしているかのようです。
ランチは2,500円から、ディナーは6,000円からだそうです。

まず、小道の横に建つギャラリーに。
ここは、テーマを決めて作品を展示しているそうです。

ギャラリーを出ると、小川のせせらぎを聞きながら小道を登って行きました。

水車の回る音が聞こえてきました。
ここは、「お菓子の森」です。
私たちも、コーヒーを飲みながらケーキをいただくことにしました。
店内に入りオーダーするとオープンテラスまで運んできてくれます。
まだ外は寒いので、椅子にはホットシートとひざ掛けが用意されていました。

Grapefruit-cake.jpg Roll-cake.jpg
左:グレープフルーツのケーキ : 右:ロールケーキ

私はほんのり甘酸っぱいグレープフルーツのケーキを。彼はロールケーキをいただきました。
おいしかったです。
デッシュやカップもオリジナル製で味わい深いものでした。


nukumori-no-mori4.jpg
レストランとぬくもり工房



kounotori-tree.jpg Rest-room.jpg
左:コウノトリが飛んできそうな木  右:トイレ


Classics-Garage.jpg akari.jpg
左:クラシックガレージ  右:暖かな色の灯り



ぬくもりの森のサイト




ぬくもりの森








タグ:Shop
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

e komo mai [Shop紹介]

写真:OPUS7&GALLERY (店内の様子)の画像
OPUS7&GALLERY (店内の様子)

e komo mai ってなに?
ハワイ語で 「 ようこそ 」 と言う意味だそうです。

今日は、Shop の紹介です。

ハワイアン雑貨カフェのお店です。
Shop名は OPUS7&GALLERY ( オーパス・セブン&ギャラリー )
浜松市西区志都呂町5115-1
Tel : 053(440)3738
営業時間 : 11:00~21:00
志都呂のジャスコの近くです。

写真:ぬいぐるみのロコペリとカップなどの雑貨の画像 写真:フラガールのポーチなどの画像 
ロコペリ(Kokopelii)のぬいぐるみとカップなど       フラガールのポーチなどのハワイアンキルト

ロコペリはネイテブアメリカンの精霊です。
OPUS7&GALLERY ( オーパス・セブン&ギャラリー )で販売しているロコペリはハワイアンバージョンだそうです。
グリーンのロコペリを購入してきました。
ぬいぐるみのほかストラップも販売していましたよ。

おいしいハワイのコーヒー ライオンコーヒーをHotでいただきました。
おしゃべりしながらホッとくつろげるひと時。

写真:生地の画像 写真:キルティングの画像
生地                          絵柄に合わせて縫っていきます


OPUS7&GALLERY ( オーパス・セブン&ギャラリー )では、
ハワイアンキルトのレッスンを行っています。

☆ ハワイアンキルトの工程
  1 キルティングしたい絵柄を型紙から紙に写し取る。
  2 写し取った絵柄をそれぞれのパーツごとに切り取る。
  3 パーツを生地に写し取り(この時パーツより3mmほど広めに)、カットする。
  4 アップリケをする。
  5 生地・綿・アップリケをした生地と3層にする。
  6 キルティングをする。
  7 バッグ・クッション等に加工する。
  8 出来上がり!


写真:キルティングの作業の画像 写真:裁縫道具の画像
キルティングの作業                    裁縫道具


興味を持たれた方は、一度 ご連絡を!

blog があります。
e komo mai  にアクセスしてみてください。


OPUS7&GALLERY ( オーパス・セブン&ギャラリー )




追記

このSHOPは、大変残念なことに、数年前に閉店になりました。
2014年11月28日


Shop紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。