So-net無料ブログ作成
検索選択

木目込み人形 お家さん [木目込み人形]

木目込み人形 お家さん
木目込み人形 お家さん

久月人形学院2015への私の出品作品です。
お家さんというタイトルの木目込み人形です。
わたしの大変お気に入りの作品です。

10月31日から明日11月3日まで開催されています。
興味をもたれた方は、お出かけください。
浅草橋駅を降りてすぐです。

木目込み人形お家さんの顔アップ
木目込み人形 お家さんの顔アップ

お家さんの木目込み人形には、私にとって初めての技術が入っています。

ひとつめは襟です。
これは、木目込んでいません。
普通に着物を着るときのように(襟元だけ)着せています。

木目込み人形お家さんの帯
木目込み人形 お家さんの帯

ふたつめは帯です。
前の部分は、普通に木目込んでいます。
後ろの部分が新しい技術です。
帯を結んでいます。

今回の展示は、後ろ向きです。
それぞれが帯を自由に結びました。

テレビの時代劇
(私が参考にした番組は、
おそろし~三島屋変調百物語~
今、大好調のあさドラ「あさが来た」の波瑠さんが主演していました。
神谷玄次郎捕物控
こちらは、藤沢周平の名作を高橋光臣さんが主演しています。
まんまこと~麻之助裁定帳~
畠中恵さん原作を紗久楽さわさんがまんが化しています。
すべてNHKの番組です。)
をよく見ました。
何度も何度も見ました。

帯の結び方は角だし結びという名前だと思います(違っていたらごめんなさい)。
この結び方がわたしは好きです。

そして、着物のすそ部分を直しました。
(まだ、家には返ってきていません。前からの写真はその時点でまた書きます。)

ボディも修正しました。
ヒップをふっくらさせました。
自慢のラインになったと自負しています。

私の作品お家さんが、中央の良い席に置かれていたので感激でした。
うれしかったのです。
苦労をしたけれど、頑張って作りました。


今日は、私の作品のみです。
続きます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

春画展に行ってきました [ART]

春画展 永青文庫
春画展 永青文庫別館グッズ売り場入り口

行って来ました 春画展 !

春画展(しゅんがてん)が開催されている
永青文庫(えいせいぶんこ)に到着したのは午後4時を少し過ぎていました。

明日「久月人形学院作品展」に教室のみなさんとのご一緒を早めー明日は休館ー、前日の今日東京に来ました。
それは、どうしてもこの展覧会を見たかったからです。

☆ 東京駅から東西線大手町駅までのルート
事前にネット検索しておいたとおり新幹線を降り、日本橋口改札から出ました。
そして、階段を上がり地上に出ます。
ホテルメトロポリタン日本橋を左に見て歩き ーほんのわずかー 角まで来ると永代通りです。
左に曲がると直ぐメトロのマークのついた地下鉄の降り口があります。
そこが、東京メトロ大手町駅です。

☆ 大手町駅から早稲田駅。

☆ 早稲田駅から永青文庫まで徒歩。
  15分は掛かりませんでした。スマホのナビで。
  ※ 長い坂を上るのキツかった!

以上、逸れましたが東京駅から永青文庫までのルートです。


先ほども申し上げましたが、永青文庫に着きましたのが午後4時ごろ。
話題の展覧会「春画展」とあって、待ち時間20分ほど。
係りの方の説明を伺っていたため、長くは感じなかったのが幸いでした。
しかし、会場に入って驚きです。

10分以上経過しましても入り口から一向に進みません。

しかたがないので、いつもの通りここはスルーしました。

感想は、「凄く綺麗!」
多色刷りの錦絵は、繊細でとても美しい。

わたしは、浮世絵をじっくりと見たことはあまりなかったように記憶しています。

春画展2015図版とチケットの半券
春画展2015図版とチケットの半券

上は、展覧会の図録とチケットの半券です。
浮世絵に見られる女性が帯になっています。
5センチメートル以上の厚みがあります。
そして重ーいッ!!!

女性の顔の輪郭線がとても細く紙に浮き上がっています。着物の柄もそうです。
掘り師の方の技に驚きです。
そして刷り師の方も、大変だったろうなーと感心していました。
なにしろ版木を欠かしてしまったら刷れませんよね。




★ SHUNGA 春画展
★ 永青文庫













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート